高校生アルバイトの禁止理由

また高校生アルバイトの場合、保護者の承諾が必要になってきますから、両親に確認の電話がいくかもしれません。
また学校の校則で高校生アルバイトが禁止とされている場合も、働くことはできません。
ですからどうしても高校生アルバイトをやりたくて、また両親も承諾している場合、学校に許可を求めてから行ったほうがいいでしょう。
つまり高校生アルバイトが禁止されるのは、学校からと両親からになり、自由に働きたかったら、学校をやめてください、という厳しい学校もあるそうです。
ですからこっそりと隠れて高校生アルバイトとして働くのは、罰則が自分に来るだけでなく、雇用主にもかかりますから、やめましょう。
高校生アルバイトは両親と学校の許可がなければ禁止されているので、隠れて働いたりすると、自分が罰則を受けるだけでなく、雇用主にも迷惑がかかります。

高校生アルバイトが許可されている学校であっても、禁止されている仕事もありますが、そういう仕事は高校生の場合は採用しません。
なお高校生アルバイトができる仕事もきちんとありますから、その中から選ぶといいことでしょう。

高校生アルバイトが禁止されている場合には、基本的に雇用主がこっそり採用し、働かせてくれたとしても、いろいろと大変なようです。
まず高校生アルバイトを自分がしたくても、両親が承諾しなかったり、通っている学校が禁止している場合は無理と考えましょう。
まだ社会に出ていくのは早いし、学業優先というように両親と学校が考えているならば、禁止されるのが高校生アルバイトです。
ですから隠れてこっそりと高校生アルバイトを始めるというのは、実は禁止されている場合難しいのです。
高校生アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、逆に許可されているバイトにはどんなものがあるか調べてみましょう。
高校生アルバイトを始めるには所属する学校を提出する履歴書にきちんと書かなければなりませんから、雇用主のほうで採用の前に学校に確認を取るかもしれません。高校生アルバイトをしたくても、両親が「学業を優先させなさい」という方針である場合は、やはり禁止ということになります。
とはいえ高校生アルバイトを禁止している学校もかなり多いですから、まずは校則をきちんと確認してから探すほうがいいでしょう。
しかし家庭の事情などでどうしても、という場合は学校では禁止されていても、学校が許可を出す例もあるのが、高校生アルバイトです。
しかしながらどこにでも目があるように、簡単なことで高校生アルバイトをしていることが学校にばれてしまう場合も少なくありません。
学校で禁止されているけれども、ご両親が折れて承諾した場合はなんとか高校生アルバイトができることでしょう。
禁止されているからやりたいといっても、そのうち嫌でも働かなければならなくなるのですから、慌てる必要もないのが高校生アルバイトです。

高校生アルバイトが働ける時間

実際の高校生アルバイトはどれくらいの時間、働いているのかネットで調べてみましょう。
安心して帰れる時間に高校生アルバイトはすべきかもしれませんが、つい仕事が忙しくなり、ギリギリになってしまうケースもあるようです。
そうなると高校生アルバイトは平日ならば、学校が終わってから働きに行くようになっていきます。
ですから高校生アルバイトの場合、最大1日で8時間働くことが出来て、午後10時から翌日の午前5時までは働くことができません。
基本的には高校生アルバイトは学校が終わってから午後10時までは働いてもいいということになります。
そのために一番稼げそうな仕事が集中する時間に働くことができないのが、学業が本業になる高校生アルバイトなのです。

高校生アルバイトでも学校が休みになる日だけ働くという形があるかと思いますが、その場合でも時間に決まりがあります。
高校生アルバイトの場合、原則として1日8時間までしか働いてはいけないようなので、いくら時給が欲しいからと言って基本的に残業ができないようです。
しかしそんなに働いてしまったのでは、肝心な勉強時間がなくなってしまいますから、ほどほどの時間を働くのが高校生アルバイトです。
そのために高校生アルバイトを雇う場合、雇用主もよく考えて採用し、労働時間を決定しているようです。
ですから基本的には真面目に学校に行き、それから学校が終わってから高校生アルバイトを行うことになります。
もしくは休日だけの高校生アルバイトであっても、1日最大8時間までしか働くことはできませんから、気をつけましょう。
ですが法律では、高校生アルバイトは午後10時から翌日午前5時までは働いてはいけないようになっています。高校生アルバイトは、やはり高校生であることが本業ですから、学業を優先させなければなりません。
その際には雇用主にきちんと労働契約の条件を訴えて、きちんと労働時間を守らなければならないのが高校生アルバイトです。

高校生アルバイトの場合は、やはり限られた時間で働くことになりますから、非常にややこしくなってくることもあるかもしれません。
しかしながら、基本は高校生アルバイトなのですから、正社員のように時間外まで働くということはないかと思われます。
加えて高校生アルバイトであっても、連続して労働時間が6時間を超える場合には45以上の休憩時間を与えられるのです。
くれぐれも「じゃあ、この午後10時までは働ける」と頑張り過ぎて、勉強をおろそかにしていただきたくないのが、高校生アルバイトです。
そういう面を考えて、うまく自分で時間を使い、有意義に働いていただきたいのが、高校生アルバイトです。

高校生アルバイトの危険性

本当に危険性のある高校生アルバイトというものも、あるのかが気になってくるかもしれないですね。
あまりに当たり前になり過ぎていて、あまり高校生アルバイトの危険性に気をかけたことはないかもしれません。
加えて高校生アルバイトは普通にどこにでもいるという状態ですから、危険性なんていうものがあるのかもわからなくなっています。高校生アルバイトは、もはや当たり前のようになっていますが、危険性について考えたことはあるでしょうか。
まず両親と学校の許可を得てから、真面目にきちんとした職場で、学業の妨げにならないていどに働くのが理想的なのが高校生アルバイトです。
ですから気軽に始めたはずなのに、かなり危険な目に合う羽目になってしまったということにならないようにしたいのが高校生アルバイトです。
そこで自分の身を守る工夫をしながら、危険性を自分で低くして気をつけることが必要なのが高校生アルバイトです。
確かに法律では怪我をしても労災で治療するように決められていますが、大事な高校生のときに高校生アルバイトで大きな怪我をするのは致命的です。
高校生アルバイトだからといっても、職場に出てしまえば一人前として扱われることが多いのですから、危険性もあるわけです。

高校生アルバイトの危険性は、いろいろなところに転がっている状態なのが、現実ですが、そこで気を配っていくことで身を守らなければなりません。
また身の危険を感じるような仕事も高校生アルバイトにはおすすめできるものではありませんから、気をつけてアルバイト先は選びましょう。
いくら「高校生可」と募集されていても、危険な仕事には高校生アルバイトは就かない方がいいでしょう。
サイトやブログ、掲示板を使って危険性の高い高校生アルバイトについて調べてみましょう。
安全大国といわれていた日本が最近では物騒になったように、高校生アルバイトも危険性があるらしいのです。
時給がいい仕事ほど危険性が高くなることが多いので、高校生アルバイトも選ぶのには苦労してしまいますね。
あまりにも夜遅くなるような高校生アルバイトは危険と隣り合わせであると心得たほうがいいかもしれません。
学校では守られていても、アルバイトに出るということは社会に出るわけですから、高校生アルバイトは危険にさらされているかもしれません。

高校生アルバイトで第一に危険性を考えていくと、最近では帰り道に危険な目にあいそうになったという話も耳にします。
また危険なものを取り扱うアルバイトに、いくら時給がいいからといっても行かないほうが高校生アルバイトはいいようです。
そのために自分で身を守る工夫や準備をしていかなければならなくなってきているのが、最近の高校生アルバイトです。

高校生アルバイトの情報

高校生アルバイトの募集をいったいどのようにして見つけているのかといえば、最近ではサイトなどを利用している場合も少なくないようです。
また無料で駅などにある情報誌で高校生アルバイトの情報をつかんでいる場合もあるのだそうです。
またその他の高校生アルバイトの情報をつかむ方法としては、友達からどこそこが募集しているという情報もあるようです。
高校生アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、高校生アルバイトのための情報サイトなどを探してみましょう。
ですから高校生アルバイトの情報のつかみ方は、まず携帯サイト、そして友達からの口コミなどが多いようです。
そのために高校生アルバイトのほうが仕事を覚えることが早い場合もあるそうで、雇用主も嬉しいところでしょう。
また高校生アルバイトでも時給がいいところは、すぐに高校生同士の口コミで広まっていきます。
ですから携帯サイトで見つけて、高校生アルバイトは自分で携帯にかかる料金を一生懸命稼いでいることもあるようです。
情報世代だからこそ、検索してあらかじめどんな仕事なのかを詳しく調べてから職場に来ることが多いのが、高校生アルバイトです。
ですから友達同士で情報交換しあったりして、意外と高校生アルバイトの仕事内容などを知っていたりします。
また短期のアルバイトになれば、高校生アルバイトは友達同士で一緒に応募してきたりすることもあるようです。
また情報を友達に教えて、その友達が職場に新しい高校生アルバイトとして来るということも珍しくはないようです。

高校生アルバイトの情報は、人気の携帯サイトなどでもアクセスできるようになっているようです。
ですから口コミ情報などで高校生アルバイトは、何が良くて、何がいけないかなどをあらかじめよく知っていたりします。
高校生アルバイトは意外なくらい、その職場で行う仕事内容に情報をあらかじめ身につけてから来ることが多いようです。

高校生アルバイトはとにかく情報が命ですから、メール交換などでもアルバイトの情報をお互い流しあったりしているようです。
また友達の情報なら安心できるから応募したという高校生アルバイトもいるようで、それだけ横のつながりが深いようです。
ですから雇用主が考えているほど、だらしなくはないし、意外と職場ではきちんとしているのが高校生アルバイトです。
情報をつかんだら友達同士で検討しあって、そこでいいかもしれないと結論が出たならば、さっそく応募してくるのが高校生アルバイトです。
なかなか高校生同士の情報網も侮れないというのが、高校生アルバイトで面接対策もきちんと考えているようです。

高校生アルバイトが多いスーパーマーケット

またスーパーマーケットのユニフォームが地味ではるけれども、手堅く稼げるということで、高校生アルバイトがスーパーマーケットで働いているというわけです。
スーパーマーケットは品物を安くするために人件費を削減している場合も多く、高校生アルバイトはかなりいるのです。
ですからスーパーマーケットを影で支えているのは、パートさんだけではなく、高校生アルバイトでもあるようです。
中には高校生アルバイトでも高校の制服からそのまま、スーパーマーケットのユニフォームに着替えて働いている場合も多いのです。
またスーパーマーケットの品揃えを行っている男性店員がやはり高校生アルバイトだったりすることも多いのです。
また学校が終わる時間からスーパーマーケットにいけば、一番人手が欲しい時間に当たりますから、高校生アルバイトは非常にありがたい存在らしいのです。

高校生アルバイトがスーパーマーケットで働くということは、自分の母親や父親くらいの人と一緒に働くということです。高校生アルバイトはさまざまなところで出会う機会がありますが、意外と毎日買い物に行くスーパーマーケットのレジ係だったりします。
ですから地味な作業であっても、地道に稼ぎたいという場合、スーパーマーケットを高校生アルバイトは選んでいるようです。
毎日、スーパーマーケットに働きに行くことで、意外と商品の相場などもわかってきて、高校生アルバイトには勉強になるかもしれません。
毎日、学校とスーパーマーケットを往復しながら家にたどり着くということを行っている高校生アルバイトがいるわけです。

高校生アルバイトでも、最近のスーパーマーケットでは簡単な作業で働けるので、意外と人気があるそうです。
確かに派手さはありませんが、しっかりと働くこともできる上に、仕事もさほど難しくないスーパーマーケットは高校生アルバイトなら簡単に務まりそうです。
高校生アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、スーパーマーケットで高校生アルバイトはどこで働くことが多いか調べてみましょう。
一見、地味ではありますが、高校生アルバイトに意外と人気の職場でもあるスーパーマーケットはスピードも要求されます。
ですからもしかすると、反射神経が良くて、動きも速いからこそ、安心して店長も任せられる人員が高校生アルバイトかもしれません。
ですからいろいろな意味で、スーパーマーケットでアルバイトするということは、高校生アルバイトにとってはいい社会勉強になるかもしれません。
またまったく違う世代と交流を持つことになりますから、高校生アルバイトにとって、スーパーマーケットは大人の世界を垣間見るかもしれませんね。
そして物価の高さを身を持って高校生アルバイトが身を持って体験できるのも、スーパーマーケットならではです。
そこでスーパーマーケットでは学ぶことも非常に多く、意外とおすすめですから、ちょっと頑張りたい高校生アルバイトにおすすめです。

高校生短期アルバイトの探し方

ですから募集を見つけたなら、すぐさま応募できるようにしておきたいのが、高校生短期アルバイトです。
仕事を素早く覚えていかなればならないのが、高校生短期アルバイトですから、ちょっと頑張ってみましょう。
また冬休みともなれば、冬らしい高校生短期アルバイトもあったりしますから、見逃してしまうことはできません。
そして自分のやってみたい仕事が高校生短期アルバイトであったならば、さっそく応募してみましょう。
うまくいけば短期間でお小遣いが稼げるというのが、高校生短期アルバイトですから、競争率も高いので注意しましょう。高校生短期アルバイトが募集されるのは、主に冬休みや春休み、夏休みなど、まとまった休みがある機関に多いようです。
高校生短期アルバイトの場合、応募締切も早いことが多いですから、募集を見つけたならば素早く応募しなければなりません。
いくら短期とはいえ、高校生短期アルバイトもきちんとした労働を求められるわけですから、しっかりしなければなりません。
中には高校生短期アルバイトは募集しないというお店などの職場も少なくはないのですが、やはり人出が欲しい季節には募集が出てきます。
ですからこまめにアルバイトの情報誌を見て、高校生短期アルバイトを探していくほかありません。
高校生短期アルバイトを望んでいるのであるならば、こまめにアルバイト情報をチェックしていくしかありません。
そしていつでも高校生短期アルバイトに応募できるように、履歴書を書いておくというのもひとつの準備になります。
高校生短期アルバイトについての情報をサイトやブログ、刑事ンバンを使って集めてみましょう。
どのような高校生短期アルバイトがあるのか調べてみましょう。

高校生短期アルバイトもさまざまに種類があるようで、夏休みなど長い期間の休みの場合、複数の仕事を体験することもできるかもしれません。
ですから意外な競争率になる場合も少なくないというのが欠点になっているのが、高校生短期アルバイトです。

高校生短期アルバイトもやはり面接のときはきちんとした清潔感のある身なりと、きちんとした言葉づかいが大切です。
そういうわけですからたとえ短期であっても、きちんと働いて正当な賃金をいただきたいのが高校生短期アルバイトです。
また高校生短期アルバイトを雇う雇用主も、どのくらいまで高校生を働かせてもいいのかをチェックして労働時間を決めるようです。
高校生短期アルバイトもやはりきちんと法律で定められているように働かなければならないというわけなのです。
長期にわたる高校生アルバイトとは違い、高校生短期アルバイトは短期間で仕事をしなければなりませんから、ちょっと大変かもしれません。

高校生アルバイトに関する法律

ですから高校生アルバイトは法律を守る責任も発生してくるということを忘れないことが大切なのです。
そういう事情もありますからアルバイトを始めたいと思っても、まずは法律では両親と学校の許可が必要なのが高校生アルバイトです。高校生アルバイトであっても、きちんと労働基準法で定められていることが適用されています。
そのために雇用主と労働契約は高校生アルバイトである本人が結ばなければなりませんから、責任を持ちましょう。
ですから高校生アルバイトをするのであるならば、あまりにも危険な仕事は行わない方がいいかと思われます。
やはり時給がいい高校生アルバイトであっても、20歳以上の大学生やフリーターに比べれば時給は低くなっていることが多いのです。

高校生アルバイトは労働基準法という法律で未成年が働ける時間が決まっていますから、いくら時給が良くても深夜は働くことができません。
ですから高校生アルバイトの場合であっても、職場で怪我をしたのならば、労災での治療になっていくのです。
つまり高校生アルバイトであっても、法律にきちんと守られていますし、また法律を守らなければなりません。
高校生アルバイトは法律でかなりしっかりと守られているのですから、法律に触れるようなことはしないようにしましょう。
そこでやはり募集があったのならば、どのような仕事をするのかなどをきちんとチェックしておきたいのが高校生アルバイトです。
また法律の中で決められていることは、高校生アルバイトは両親と学校の許可がなくては基本的には働くことができないのです。
高校生アルバイトの法律での決まりを詳しく調べてみましょう。
また高校生アルバイトは法律で働く時間も決められていて、最初に交わした労働契約を破ることはできません。
ただし高校生アルバイトは未成年になりますから、履歴書と一緒に年齢証明書が必要になってくるそうなのです。

高校生アルバイトが法律で守られているということがわかったのであれば、安心して働くことができそうですね。
雇用主が「高校生だとは思わなかったから」と高校生アルバイトを危険な仕事につかせたりしないようにするためです。
やはり自分がどんなに働いてお金を得たいと思っても、法律では高校生アルバイトは未成年ですから、両親と学校の許可が必要になります。
高校生アルバイトは意外と法律に関して知らないことが多いようですが、法律で守られていますし、また法律を守らなければなりません。
ですから極端な場合、アルバイトをしていたのにきちんと契約で決められた賃金が払われない場合、労働基準局に高校生アルバイトも訴えられます。

高校生アルバイトの募集

いわゆる友達との会話で使うような言葉づかいでは、高校生アルバイト募集がされていて面接にまでいけても断られてしまうことでしょう。
募集は最大のチャンスですから、身なりと言葉づかいに気をつけて、面接に臨んで頂きたいのが高校生アルバイトです。
ですから高校生アルバイトを考えていて、募集を見つけたならば、身なりを整えて、履歴書を持参して面接に臨みましょう。
高校生アルバイトといっても最近は不景気ですから、なかなか面接を通過していくのも厳しいのだそうです。
「見た目じゃなくて中身で判断してほしい」と思われるでしょうが、高校生アルバイトであってもその職場にふさわしくなければ断られてしまいます。
そこで高校生アルバイト募集という広告を見たならば、すぐに応募できるように履歴書を用意しておくといいかもしれません。

高校生アルバイトの募集が多いのは、やはり飲食店のチェーン店が多いかもしれませんが、そうしたところは頻繁に募集しています。
アルバイト情報誌でも高校生アルバイト向けの仕事はやはりウェイターやウェイトレスが結構多いものです。
するとちゃんとしたところであるならば、高校生アルバイト募集をした理由などもきちんと答えてくれますし、仕事内容もきちんと答えてくれます。
そして高校生アルバイトの面接にまでいけたならば、みなりをきちんと整えて、清潔感のある姿で臨みましょう。
高校生アルバイト募集と書かれていても、きちんとした身なりではないと、面接で落とされる危険性があります。
特に高校生であってもかなり時給がいいアルバイトは、高校生アルバイトをしたくて応募してもかなりの競争率になることもあるそうです。
サイトやブログで高校生アルバイトの募集についての情報を調べてみましょう。高校生アルバイトを募集してみると、かなりの数の高校生が応募してくるようで、お店はその中からきちんとした高校生を選んでいるようです。
そこで相手に好印象を与えるようにきちんとした身なりと正確に書かれた履歴書が、募集で採用される鍵を握っているのが、高校生アルバイトです。

高校生アルバイト募集と言っても、どのような仕事なのかはっきりとわからない広告の場合、問い合わせてみることをおすすめします。
意外と甘くはないのが社会というものですから、だらしない格好で面接に行くと、いくら募集していても面接で落とされるのが高校生アルバイトです。
またその高校生アルバイト募集についての問い合わせの電話を入れるときも、言葉づかいをていねいに行うようにしましょう。
また募集を見つけたならば、すぐに応募しなければすぐに定員が埋まってしまうのも、高校生アルバイトです。
いくら高校生アルバイトだからといってだらしない格好の場合、やはり雇用主がここで働くことにふさわしくないと断る場合もあるようです。

高校生可アルバイトの内容

高校生だからという甘えは許されませんが、お金を稼ぐ大変さが学べ、社会が学べるチャンスでもあるのが高校生可アルバイトです。
ですから意外と楽な高校生可アルバイトというのは、あまりないのかもしれませんが、それでも高校生アルバイトは頑張っています。
しかし高校生可アルバイトで探していくと多いのは飲食店のレジカウンターやウェイター、ウェイトレスが多いようです。
最近では安い時給で雇うことができるから、と高校生可アルバイトを増やしているチェーン店もあるようです。
ですから高校生可アルバイトは不景気の現在でも減っていることはないようで、放課後にお小遣い稼ぎをする高校生もいるわけです。
ですから高校生可アルバイトも社会を体験していき、お金を稼ぐ大変さを学ぶためには非常に貴重な場所かもしれませんね。

高校生可アルバイトではほとんどマニュアルが決まっている職場が多いですから、なかなか仕事が覚えられないということはないようです。
また高校生可アルバイトもいろいろとありますから、「この職場で働いてみたい」と思ったら、応募すればいいのです。
また高校生可アルバイトでは書店などの販売や本の整理といった仕事もあるようですが、書店もかなり大変なようです。
おおよそ高校生可アルバイトの場合、お店がしっかりと健全で、マニュアルがしっかりと決まっているところが多いようです。
すると社会で働いた経験が薄い高校生でも、仕事がすぐに覚えられて、高校生可アルバイトということになるようです。
中には肉体労働系で高校生可アルバイトのアルバイトもあるようですが、かなり根性がいるかもしれませんね。
高校生可アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って調べてみましょう。
また高校生になってからの春になると一気に増えていくので、そこで応募しやすくなるそうなのが、高校生可アルバイトです。
高校生可アルバイトは、まず最初に職場を見つけ出さなければなりませんから、高校生も結構苦労しているようです。

高校生可アルバイトでも、職場に出たのであれば、お客様に一人前の店員として接しなければなりません。
高校生可アルバイトだからといっても、やはり職場では高校生だから、ということは、働く時間や時期以外は通用しないのです。
安心して働くことが出来て、マニュアルがきちんとある職場であったならば、かなり応募者が殺到しそうなのが、高校生可アルバイトです。高校生可アルバイトを探すということは、意外と難しくはないようで、アルバイトを募集しているお店の中には高校生の時給がしっかり決まっているところもあります。
しかし高校生可アルバイトを体験してから社会に出ていく方が、暗黙のルールなどが学べていいかもしれません。

高校生アルバイトとは

高校生アルバイトたちは、決められた時間の中で、しっかりとマニュアルを守って懸命に働いています。
ですから別に珍しい存在ではないのが、高校生アルバイトであって、毎日の生活の中に溶け込んでいるといってもいいでしょう。
それに実際に自分が高校生のときに高校生アルバイトをしていたという経験がある方もすくなくはないかと思われます。
ご両親は自立心が芽生えていい、と考えるか、学業に専念してほしいと考えているか、そこで難しいのが高校生アルバイトです。高校生アルバイトをまったく見かけないという日は、実際のところあまりないのではないでしょうか。

高校生アルバイトもいろいろな場面で出会うことがありますが、圧倒的に多いのはやはり高校生が利用することも多いファーストフード店ではないでしょうか。
そこで学校に隠れておこなっていたりすることもありますが、最近は許可する高校も増えて、いろいろな場所で見かけるのが高校生アルバイトです。
そうならないように学業にもきちんと向かって、あまりに働き過ぎないように注意してもらいたいもの高校生アルバイトです。
そこでさまざまなアルバイト雑誌で職場を探して、高校生アルバイトを始めだすのがほとんどのようです。
また店が「アルバイト募集」という広告を出して、そこで面接で合格して、高校生アルバイトを始める場合もあります。
中には先輩がその店で働いていたから、引き継いで高校生アルバイトを始めたという場合もあるのだそうです。

高校生アルバイトは、学校が終わった放課後に働き始めていることが多く、登校前に働くことはあまりないようです。
高校生アルバイトはどのような働き方をしているのかサイトなどで調べてみましょう。
ある方は高校生アルバイトを行っていたのですが、あまりに優秀すぎてアルバイトに精を出し過ぎて、留年してしまったそうです。
高校生アルバイトも理由がいろいろあるようで、お小遣いを自分で稼ぎたいからという理由が圧倒的に多いようです。
またいろいろなお店も高校生アルバイトの働きによって助けられているという場合も少なくはないのです。
しかし高校生アルバイトを行っていたことで、非常に社会に出てからも困ったことがあまりないという方も少なくありません。
たとえば立ち寄ったファーストフード店で高校生アルバイトが働いている姿をよく見かけるものですよね。
とはいえ自分でお金を稼ぐことの大変さを学べるのですから、高校生アルバイトも有意義な部分がちゃんとあります。
ですから真面目に放課後も遊ばずにひたすら正社員に混ざって働いて、社会を学んでいるのが高校生アルバイトです。