海外青年協力隊の応募資格

【海外青年協力隊】の最も大きな資格は日本国籍を持つ成人男女である事です。

後はやっぱり健康優良児である事が絶対条件で、この資格こそが思いのほか難しかったりなんかするのであります。

何故なら、日本では別段問題がなくても、【海外青年協力隊】の派遣先は、衛生面や治安面がまだまだ充実していない地域も多いですしね。

それに、日本では想像も出来ない寒冷地や猛暑地、あるいは昼夜の寒暖差の激しいところも少なくなく、波の健康状態では渡航する資格がないと見なされる事もしばしばです。

実際問題、【海外青年協力隊】としてアフリカや南米に渡り、志半ばにして命を絶たれてしまった方も少なくありません。

また、障害者となって帰国を余儀なくされる方もしばしばで、JOCVを派遣しているJICAでは、渡航前に必ず国民健康保険に加入しておくように促しています。

という事で、健康第一というのが【海外青年協力隊】の第一の資格という訳ですね。

 

【海外青年協力隊】の職種の中には、それこそ無冠の帝王でも全然OKという資格不要のものも沢山あります。

ですが、完全に無資格でも通るのかと言えば、残念ながらそうではないんですねぇ。

まず、【海外青年協力隊】に入るという事は、異国に渡って長期滞在する訳ですから、言葉が通じなければ自他共に困ります。

そこで、英語に関する何らかの資格や検定を持っている事は暗黙の内のルールとなっているのです。

その証拠に、【海外青年協力隊】の応募書類には語学スキルを記入する欄もあって、そこが未記入では受け付けてもらえません。

必ずしも通訳検定やビジネス英会話の資格でなくても構わないのですが、TOEICなり英検なりは書く必要性があります。

なので、【海外青年協力隊】になりたいと思ったら、まずはこうした英語の資格試験を必ず一つは事前に受けておかないといけないという事になるんですね。

ただし、いつ頃取った資格かという事は問われませんので、子供の頃に受かった英検4級や3級でも堂々と記入出来ますよ。

まあもっとも、それで【海外青年協力隊】の一次選考である書類審査が通るかどうかは分かりませんけどね。

 

【海外青年協力隊】として活躍出来るのは、医師や看護師、あるいは教師などの高等教育機関の修学を必要とする資格を持っている人のみだと思われている人も多いと言います。

しかし、決してそんな事はなく、一定期間の実務経験さえあれば、これと言った国家資格や民間資格などなくてもOKという職種も沢山あります。

また、美容師や保育士など、一見【海外青年協力隊】には関係なさそうに見える資格でも、実は実は募集されていたりなんかするのであります。

ですので、何かしらの資格や実務経験のある方は、是非それを発展途上国の人のために生かしてみられてはいかがでしょうか。

【海外青年協力隊】の資格と募集要項については、関連のブログやサイトに多数掲載されていますから、それらをご参考にされるといいだろうと思います。



海外青年協力隊は無給料

【海外青年協力隊】はあくまでもボランティアとしての活動ですから、給料の支給というのはありません。

以前、日本にいるのが退屈だから、JOCVにでも応募しようかと容易に言っていた大学の後輩が、やたらめったら給料の事を気にしていたんですけどね。

まあ端から給料をもらって【海外青年協力隊】になろうなんていう考えがよろしくありません。

そんな甘ったるい気持ちで応募しても、恐らく落とされるだろうし、仮に採用されて派遣されても、継続は困難だろうと予測されます。

確かに、様々な理由から日本を抜け出したいと思い、【海外青年協力隊】に参加する人は大勢いらっしゃいます。

けれど、彼ら彼女らはみんな、本気で自分を立て直したいとか生まれ変わりたいという強い意志を持って渡航するもので、それこそ給料なんて問題じゃない。

それに、給料をもらって働くなんていう事を考えていたら、【海外青年協力隊】員になんかなれないと私は思いますね。

 

【海外青年協力隊】はボランティアですから、給料の支給というのは一切ありません。

ただ、現地で自らの生活が安定していなければ人のためになんて働けませんからね。

毎月必要最低限の生活費だけは支給されるというのが【海外青年協力隊】の基本的ルールです。

ですが、その金額は、渡航先の国の最低ラインの生活水準に基づくもので、今なら250ドルから850ドル位でしょうか。

まあそれを【海外青年協力隊】の給料だろうと言う人もいるにはいると思います。

けれど、250ドルと言えば日本円にしてたった2万5000円ほどですよ。

その国の物価変動や米ドルの為替変動に大きく左右されるのは事実ですが、これが【海外青年協力隊】の生活費の実態です。

もし仮に850ドルもらえるエリアにいたとしても10万円にも満たない訳で、皆さんはこれを給料だと言えますか。

それに、高額の生活費をもらっている【海外青年協力隊】の派遣先は、それだけ物価が高い訳で、結局は裕福な暮らしなんて中々出来ないんですよね。

 

【海外青年協力隊】として渡航すれば、原則2年間の任期を全うしなければなりませんから、多くの人は言ったん利殖して参加しています。

中には長期休職届けを出して渡航している人もいますが、それでも、その間の給料は殆ど支給されないものと考えられますね。

そして、【海外青年協力隊】としての給料もないとなると、滞在中の生活は何とかなっても、帰国後に不安のある人も多い事でしょう。

実際問題、すぐさま職場復帰や再就職して給料を得られる人はそう多くはありません。

そこで、【海外青年協力隊】として渡航している間は、毎月僅かですが年金のようなものが支給され、それが協会の方で積み立てられる形になります。

これが例の仕分け以前は月々10万円弱ありましたから、まあ滞在費と合わせれば給料と言えなくもない金額だった人もいます。

しかし、今はそれも月々6万円弱に下げられ、【海外青年協力隊】は本当にボランティアなのだという事は、関連のブログやサイトを読んでもよく分かるところですね。



海外青年協力隊の部門別倍率

【海外青年協力隊】はあくまでもボランティアなんだから、誰でもがその気になれば参加出来るものだと思ったら大間違い。

実は実は厳しい審査と試験、そして、高い倍率を誇るものだったりなんかするのです。

まあもっとも、【海外青年協力隊】としての活動には、体力や人間性が大きく鍵を握っていると行っても過言ではありませんからね。

実際に技術試験を受けなければならないものはごく僅かなのですが、そういう職種は比較的倍率が低いので正しく実力主義と言えるでしょう。

それに対し、【海外青年協力隊】の多くの部門は、自己申告による書類選考のみで試験が終わるケースが多く、これが容易そうに見えて結構厳しい。

特に、これと言った資格が不要な職種の多数含まれている部門は、自ずと倍率が高くなる事は否めません。

まあそれだけ、とにかく【海外青年協力隊】として頑張りたいと思う若者が大勢いる訳で、これは実に素晴らしい事ではありますが、倍率が高いのはちょっとね。

 

【海外青年協力隊】の応募に際し、是非気をつけてチェックしておきたいのが部門別倍率です。

因みに、近年最も倍率が高い部門はコミュニティーと観光だと見られ、正しく行政や政府、あるいは高等教育機関の一員になるような職種を含む部門ですね。

【海外青年協力隊】は、貧しい農村で汗水垂らして働くものだというイメージも強いかと思われますが、やはり今時の若者は、それは出来ればパスしたいと思うのでしょう。

それに対し、コミュニティーや観光の辺りは、比較的待遇の良さが保証されている事が大いに考えられるため、どうしても倍率も上がるようです。

また、観光や体育会系の育成業務などは特にそうですが、実務経験は必要でも、資格不要というのが定番の【海外青年協力隊】の職種だけに倍率が高いのも否めません。

 

【海外青年協力隊】は完全なボランティアという訳ではありませんが、やはりある程度時間やお金に余裕がないと参加し辛いのが現実。

そのため、バブル時代には、それなりにどの職種も倍率が高かったのですが、残念ながら今は大幅に下がって来ています。

特に東日本大震災以降、【海外青年協力隊】として人の国のために働いているどころではないという事なのでしょう。

その倍率は全体で0.9パーセント程度となってしまったのであります。

ただし、これはあくまでも【海外青年協力隊】の募集に応募した人全員が同じ部門を希望したと仮定しての倍率であって、実際にはこの限りではありません。

みんな多種多様の職種に申し込んでいますからね、中には倍率が3倍を超えている部門もあるにはあるんですよ。

ただ、こうした高倍率の職種は全体の1割程度にすぎず、定員割れしている部門も多数ありますから、【海外青年協力隊】に応募するなら今がチャンス。

来年の春の採用を目指して、いっちょ気合いを入れて検討されてみてもいいのではないでしょうか。

ただし、【海外青年協力隊】の募集職種と倍率は毎回大幅に変動しますから、関連のブログやサイトできちんと調べてから応募するようにしましょう。



海外青年協力隊とは

【海外青年協力隊】というのは、政府の海外開発援助の一環で、外務省の所轄となる国際協力機構が派遣している成人ボランティアの事です。

青年海外協力隊とも呼ばれ、いや、こっちの呼称の方がメジャーかなぁ。

Japan Overseas Cooperationの略であるJOCVと表記される事もしばしばですが、とにもかくにも【海外青年協力隊】という位ですからね。

一応満20歳から満39歳までという年齢制限があって、あくまでも青年と言える世代を対象としています。

また、【海外青年協力隊】は政府開発援助の一環として派遣される訳ですから、日本国籍を持ち、日本の選挙権を持つものでなければならないという規定もあるんですね。

ただ、日本国内でちまちまとサラリーマンをやっていれば、30代後半の所謂アラフォー世代はもうかなりのオヤジぶりを発揮している事も少なくないじゃないですか。

それに対し、【海外青年協力隊】で活躍していれば立派な好青年ということにはなるんでしょうね、きっと・・・。

 

【海外青年協力隊】は、立派な学歴や資格がなくても参加出来る職種が沢山あります。

ただし、行き先は必ず発展途上国な訳ですから、環境や治安面での負担は大きいのが当たり前。

まあ最近は、文明の発達した都心部に派遣される【海外青年協力隊】も増えているには増えていて、その限りではないんですけどね。

というのも、途上国が今最も必要としている知識や技術の一つがIT関連や電気通信関連で、この手の隊員は、その国の政府機関や大学機関で働ける可能性もあるからです。

しかし、我々多くの一般人が【海外青年協力隊】と聞いて真っ先に思い出すのが、農村部で井戸を掘ったり農地を開拓したりしている姿でしょう。

実際今は、あのような作業はごく一部となっているようですが、それでも、カントリーエリアでの活動が主流。

そのため、【海外青年協力隊】は、知力同様かそれ以上に体力と忍耐力が必要で、健康である事がまず第一の条件なのであります。

 

【海外青年協力隊】は、一見ボランティアに見栄、実際にボランティアとしての活動という事にはなっています。

しかし、現地への往復の交通費と滞在費、それに最低限の生活費は支給されますからね。

【海外青年協力隊】は、決して裕福な家庭のおぼっちゃまやお嬢様でなくても全然OKなんです。

まあその手の本当のボランティアとして活動している類似の団体もあるにはあるようですし、以前大学の先輩が入っているという話を聞いた事もあります。

けれど、それは世に言う【海外青年協力隊】とは少し異なりますので、誤解してはいけません。

という事で、2年間広い地球のどこかで、とにかくガッツリと動きたいと思われる方は、是非前向きに検討されてみてもいいのではないでしょうか。

【海外青年協力隊】の詳細については、関連のブログやサイトから容易に情報収集出来ますよ。

退職後にはじめるデイトレーダー

【デイトレーダー】は、買ったその日の内に売買を終了させるので、取引終了後にどんな発表があってもダメージを受けないメリットがあります。

取引終了後に【デイトレーダー】には、業績の上方修正など、プラス要因だけでなく、下方修正などのマイナス要因の情報も受けます。

しかし、【デイトレーダー】の場合、その日の内に手仕舞いすれば、影響を全く受けないので、退職後の趣味におすすめできます。

取引終了後や夜間にどんなことが起きるか、などのリスクを【デイトレーダー】は背負わないので、メリットは大きいです。

【デイトレーダー】をする場合、株を買おうとしている会社がどんな会社なのか、業績などを調べる必要があります。

しかし、実際は、それを知らないまま【デイトレーダー】が売買をしているケースがほとんどです。こ

その理由は、【デイトレーダー】は、短期間に利益を出せればいいので、会社の事業内容を知らなくてもいいのです。

 

【デイトレーダー】をするなら、退職後にするのがおすすめで、会社の将来的な成長を見る必要がないからです。

難しそうに思える財務諸表や、会社の成長を予想する必要がないので、退職後に【デイトレーダー】をするとよいでしょう。

これこそが短期売買という【デイトレーダー】のよいところで、退職後、全く知らない会社の株を買っても大丈夫です。

但し、退職後に【デイトレーダー】をする場合は、どんな視点で銘柄を選んで買うのかが、問題になります。

退職後に【デイトレーダー】に参入する際は、話題性のある銘柄や、値動きがある銘柄が適しています。

値動きのある銘柄については、【デイトレーダー】は、出来高ランキングや上昇率ランキングで調べます。

超短期取引が【デイトレーダー】の魅力で、一日に何度も売り買いする取引なので、時間のある退職後にぴったりです。

 

【デイトレーダー】をするに当たっては、為替相場が激変することは滅多に無いので、退職後にゆったりとできます。

細かく売り買いをして、【デイトレーダー】は小さい儲けを少しずつ積み上げていくので、退職後の小遣い稼ぎに向いています。

リスクが非常に低く、ある意味【デイトレーダー】は初心者向けの儲け方なので、退職後に最適なのです。

細かい取引を【デイトレーダー】は何度も行うので、スプレッドや手数料が低いメリットがあります。

1回当たりの利益が小さいので、退職後でも、【デイトレーダー】として、気軽に参入することができます。

【デイトレーダー】は、昼間勤めているサラリーマンにはできにくい側面があり、同じ初心者でも定年退職後の年金生活者向けと言えます。

デイトレーダーのためのセミナー

【デイトレーダー】は、相場中の激しい株価の動きを掴んで、利益を取っていかなくてはなりません。

 

そして、【デイトレーダー】として極めていけば、着実に、利益を積み上げて行くことができるようになります。

 

日足ではあまり動かない相場で、分足では値動きがあるような細かい動きでも、【デイトレーダー】は、利益を得ることができます。

 

【デイトレーダー】は、上手くいけば、年中稼ぐことができますが、それを実現するには、セミナーでの勉強が必須です。

 

デイトレードは値動きが激しいので、【デイトレーダー】は、セミナーで、しっかりとしたマインドを作らなければなりません。

 

【デイトレーダー】は、相場の流れに飲み込まれて判断できなくなることがあるので、セミナーで心構えを学ぶことです。

 

常に決定の連続を迫られる【デイトレーダー】は、セミナーで学んで、自分のトレードを明確にする必要があります。

 

 

 

【デイトレーダー】のセミナーは、自分のトレードを決定出来るトレードマインドとスキルを学ぶのに最適です。

 

デイトレード専用のテクニカル分析システムと、板読みのスキルが【デイトレーダー】には重要で、セミナーではそれを教えてくれます。

 

値動きに惑わされない応用力と、大胆かつ繊細なトレードスキルが【デイトレーダー】のセミナーで学べるのです。

 

【デイトレーダー】のセミナーは、デイトレードが、いかにタイミングが大事であるかを教えてくれます。

 

良い銘柄を見つけた際、【デイトレーダー】がどこで入るのかをセミナーでは、的確に指導しています。

 

分足での上昇する瞬間と下降する瞬間について、【デイトレーダー】のセミナーは、そのタイミングを学びます。

 

前場と後場と動く相場に合わせて、【デイトレーダー】に対し、セミナーはリアルタイムで講師が考えを披露しています。

 

 

 

【デイトレーダー】のセミナーは、講師の考え方をしっかり聞くことができるのでとても役に立つます。

 

動く相場を前にして授業が出来るのは、【デイトレーダー】のセミナーの講師自身が、経験豊富だからです、

 

現役の【デイトレーダー】が講師を務めるセミナーはとても有意義で、非常に優れた授業になっています。

 

【デイトレーダー】のセミナーは、損失を最小限に抑える負けない技術を、しっかりと教えてくれます。

 

全てのスキルをベースにして、【デイトレーダー】のセミナーでは、応用のスキルを身に付けることができます。

 

中でも、【デイトレーダー】のためのデイトレードの空売り技術は秀逸で、セミナーで学ぶ価値は十分にあります。

 

 

しっかりと【デイトレーダー】として足場を固めていくには、セミナーという更なるステップアップは必然なのです。



デイトレーダーのリスク

【デイトレーダー】にとって、デイトレードというのは、その日のうちに売買を完結して損益を確定する取引を指します。

ポジションを翌日に持ち越さないため、【デイトレーダー】は、オーバーナイトに何かが起きて損が出てしまうリスクをさけることができます。

そうしたことから、ディーラーも駆け出しの頃は、もっぱら【デイトレーダー】として、デイトレードだけを行います。

しかし、長期保有が前提のファンドマネージャーは、リスクのない【デイトレーダー】には物足りなさを感じます。

中長期の投資がより安全だとみなす人は、【デイトレーダー】は、むしろリスクがあると考えてしまうのです。

実際、【デイトレーダー】のような短期売買では、その価格のぶれをもろに背負ってしまうリスクがあります。

短期売買である【デイトレーダー】のリスクは非常に高いのですが、逆に大きなリターンが狙えることも意味しています。

 

【デイトレーダー】は、短期売買になりますが、ずっと保有し続ける長期投資も、本質的にはリスクは同じです。

長期保有で起こりうる有事やスキャンダルなどのイベントリスクについては、【デイトレーダー】の場合、減ります。

長期投資は、【デイトレーダー】と違い、誰も気にとめないようなつまらない噂で動くリスクがあります。

【デイトレーダー】の場合、キャピタルゲイン狙いの投機になるので、価格の変動幅が損益につながるリスクがあります。

損益を、損失の側からみればリスク、利益の側からみればリターンになりますが、【デイトレーダー】は価格が動かないと儲けることはできません。

価格変動の大きいものが、【デイトレーダー】にとって、狙いの投機に適していることになります。

【デイトレーダー】のリスクとリターンは、1年間持つことの16分の1という数字で表されます。

 

【デイトレーダー】のリスクは、1日当たりは16分の1ですが、毎日繰り返せば、1年間持つことの16倍のリスク、リターンとなります。

中長期投資と【デイトレーダー】では、どちらのリスクが大きいかは、意見の分かれるところです。

実際、【デイトレーダー】にもリスクはつきものですが、デイトレで飯を食べることができるのは確かです。

実際、デイトレで得た利益だけで生活をしている【デイトレーダー】がいるのは事実で、それは可能なのです。

もちろん、全ての【デイトレーダー】がデイトレの利益だけで飯を食えているわけではなく、リスクによって損失を被るものもいます。

1日で取引を終わらせる【デイトレーダー】は、その日の取引結果が日給になり、順調に取引できれば、利益だけで生活することは可能です。



【デイトレーダー】便利ソフト

【デイトレーダー】を始めるにあたってソフトは重要で、デイトレード用の分析ファイルを配布している投資家がたくさんいます。

過去の収支もきっちり載せている信頼できるソフトがあり、【デイトレーダー】は、大いに利用すべきでしょう。

オプション10倶楽部という【デイトレーダー】のためのソフトは、市場に翻弄されることもなく、初心者でも容易に利益が出せるようになっています。

【デイトレーダー】の初心者でも取引が出来るよう、初心者向け取引説明書を無料で進呈しているソフトです。

また、【デイトレーダー】のソフトには、何回でも無料で利用できるサポートメールサービスがあるので便利です。

分らないことや疑問点をメールで質問できる【デイトレーダー】のためのソフトは、とても有意義です。

トレーダーズショップは、日本最大の投資家向け専門店で、ここには【デイトレーダー】のためのソフトが豊富です。

 

【デイトレーダー】にとって、ソフトは実に有難いもので、中でもマトリックストレーダーはおすすめです。

1000通貨から取引が可能で、しかも【デイトレーダー】の手数料が無料で、快適の約定能力を有しています。

成行約定能力99.9%、約定スピード0.035秒で、最高水準の低スプレッドを持つ【デイトレーダー】のためのソフトです。

プロトレーダーも大絶賛する、強力なチャート機能を搭載している【デイトレーダー】のソフトなのでおすすめです。

この【デイトレーダー】のソフトなら、マーケットナビが全て無料で見ることができ、iPhoneアプリ、Androidアプリにも対応しています。

しかも、ワンクリックで注文可能なので、【デイトレーダー】のソフトがあれば、一瞬のチャンスも逃しません。

トレーダーズプレミアムも優秀な【デイトレーダー】のためのソフトで、質、量ともに業界最高水準のソフトです。

 

【デイトレーダー】のソフトは、プロフェッショナルには必須のアイテムとなっていて、かかせません。

最近では、プロのトレード技術を持った全自動でトレードできる【デイトレーダー】のためのソフトがあります。

だれでもプロトレーダーくんというソフトで、このソフトを【デイトレーダー】が家に招待すると、損したしたお金を取り返すことができます。

勝ち方を習うことができるのが、【デイトレーダー】のソフトの良いところで、実際に勝てるようになります。

より小額の資金で、簡単、安全に儲かる方法を教えてくれるのが、【デイトレーダー】のためのソフトなのです。

【デイトレーダー】のためのソフトは、最小限のリスクで、大きく儲ける手法を教えてくれます。



デイトレーダーのブログ

【デイトレーダー】は、多くの人が、毎日、意気揚々とマーケットに参入してきますが、早々、簡単にはいきません。

実際、多くの【デイトレーダー】が、毎日、意気消沈して、マーケットを去って行くというのが現実なのです。

そうしたことは、【デイトレーダー】のブログでもよく公表されていて、甘い世界ではないことがよくわかります。

要するに、極めて少数の【デイトレーダー】だけが、マーケットに留まっていて、利益を得ているわけです。

損したくて【デイトレーダー】をしているわけではないのに、実際、その結果の差というのは、非常に大きいものです。

そんな時に役に立つのがブログで、色々な【デイトレーダー】たちが経験で得た気づきを紹介しています。

ブログは、参入してきた【デイトレーダー】の損失を抑え、少しでも長く生き延びるための成功に至る一助になります。

 

【デイトレーダー】のブログは、非常に役立つもので、初心者にとっては、特に効を奏するものです。

人気があるのは、デイトレ存率向上というブログで、【デイトレーダー】として勉強するには、おすすめのブログです。

このブログを参考にすると、今までの【デイトレーダー】としての自分が甘かったことをいやでも実感します。

ブログで勉強すると、【デイトレーダー】として、本能を捨てて行動しなければいけないことを痛感させられます。

ブログを読むととても素晴らしいことがよくわかるので、【デイトレーダー】として参入したなら、ブログは読むべきです。

特に、【デイトレーダー】として、本能に負けてしまいそうな時、ブログは生き残るために役に立ちます。

初心者にとって、【デイトレーダー】は何が辛いかというと、一日中、パソコンの画面に張り付いていなくてはならないことです。

 

【デイトレーダー】というのは、ほかの事をやりながら、というわけにはいかないので、忍耐力が必要です。

チャート画面の動きを見続けなければいけなのが【デイトレーダー】で、その大変さは、実際にやってみないとわかりません。

初心者で【デイトレーダー】として挫折しそうになった時は、ブログを利用して、色々と研究することです。

利益を稼ぐ方法がブログでは紹介されているので、特に初心者の【デイトレーダー】は、参考にするといいでしょう。

初心者は、まずは忍耐力で、【デイトレーダー】としてそれが身についたら、ブログで研究していきましょう。

本物の【デイトレーダー】になるには、色々な経験と知識が必要で、そのために、ブログは大きく役に立つものなのです。

バイナリー初心者



デイトレーダーが支払う税金

【デイトレーダー】をするにあたって、デイトレードというのは、手数料と税金がかかってきます。

一回の取引ごとに【デイトレーダー】には、手数料と税金がかかるので、注意しなければなりません。

手数料は定額制もありますが、【デイトレーダー】の税金は、株を売却するごとにかかるとなると、税金分だけ損するように思います。

少額の利益をあげていく【デイトレーダー】にとって、税金がかかるというのは、非効率のように感じます。

明らかに、【デイトレーダー】の税金は非効率的で、手数料だけでも、年間にすると莫大なお金がかかります。

しかし、【デイトレーダー】の税金は、長期でもかかるので、それほど気にすることはなく、小さい利益を重ねると税金は少なくて済みます。

特定口座源泉なしの場合、【デイトレーダー】は、実際の利益の70%ぐらいしか申告する必要はありません。

 

【デイトレーダー】は、利益管理をしっかりしていればよく、税金はデイトレでもスイングでも、利益が出ればかかります。

不利な点と言えば、【デイトレーダー】の税金ではなく、手数料がかかることで、これはいかんともしがたいものがあります。

考え方次第で、【デイトレーダー】の税金というのは仕方なく、やっている本人が納得できて利益が出ていればいいのです。

株取引で【デイトレーダー】として利益を得ると10%の税金がかかり、100万円の利益が出たら10万円の税金を納める必要があります。

もちろん【デイトレーダー】の税金は、利益がなければかかりませんが、株取引をする以上は利益を得て税金を納めたいものです。

但し、今は特別措置の期間中で、2013年12月31日以降は、【デイトレーダー】の税金は、20%にもどります。

一般的な【デイトレーダー】の税金の納め方は、一般口座と特定口座の2種類から選ぶようになっています。

 

【デイトレーダー】の税金は、ふたつの口座のどちらを選ぶかによって、税金の納め方が変わってきます。

一般口座で【デイトレーダー】の税金を支払う時は、一年間の利益、損失、手数料などを自分で計算して確定申告する必要があります。

そのため、面倒な人は、【デイトレーダー】の税金を支払うため、特定口座を作るとよいでしょう。

特定口座は収支の計算をすべて証券会社が代行してくれるので、【デイトレーダー】の税金として、取引の度、10%税金をひいてくれます。

複数の証券会社を利用している【デイトレーダー】は、年間取引報告書のサービスを利用して、まとめて確定申告するとよいでしょう。

証券会社で【デイトレーダー】が口座を開くときは、税金のことを考えて、特定口座を利用することです。

バイナリー初心者