保育士の【サラリー】

【サラリー】で保育士になるといくらもらえるのか、保育科などに通っている学生にとっては大変興味がある話題なのではないでしょうか。

資格を取得して保育士になるのは良いけれども【サラリー】が低くければ、納得できない部分もあると思います。

保育士というのは子供相手の大変な仕事で、それに見合った【サラリー】が欲しいという人も多いのではないでしょうか。

保育士は国家資格ですから、保育士の資格を取得して働けば【サラリー】が安定すると考える人もいると思います。

保育士は子供の保育をしてくれる方のことで、保育園で働いて【サラリー】を貰うには保育士の資格を取得しなければなりません。

我が家の子供たちが通っていた幼稚園では、幼稚園教諭と保育士の両方の資格を取得し、活躍している先生がいました。

幼稚園で働く方は幼稚園教諭で保育士とは異なり、幼稚園教諭と保育士の両方の資格を取得して働き、【サラリー】を貰っている方もいます。

 

【サラリー】は、その保育士を雇っている施設で異なってくるようです。

その幼稚園には2歳児クラスがあり、このクラスは幼稚園教諭の資格だけでは担当できず、保育士の資格が無ければならないということでした。

今、幼稚園も2歳児クラスを設けているところが増えてきましたから、【サラリー】を貰うためにも両方の資格を取得しておくと良いかもしれません。

民間の施設で働く保育士と公立の保育園で働く保育士では【サラリー】が違うのだとか。

また、保育士の資格を取得したあとにアルバイトや非常勤で働く人も多く、【サラリー】に差がでるようです。

私の友人に保育士がいますが、産休や育児休暇、有給が大変充実していて、PTA活動も熱心に行っています。

一般的な企業では産休や育児休暇を取得するのが難しいと聞きますから、保育士の仕事は【サラリー】だけでなく、先々のことを考えると大変良い仕事のように思います。

 

【サラリー】以外のことでも、保育士になって働くのは大変メリットが大きいように思います。

保育士が働いている職場は女性が多いので、女性に対しての労働環境が整っている職場が多いと聞きます。

このようなライフサイクルに理解を示してくれる職場でないと女性が働いて【サラリー】を得ることは難しい状況です。

【サラリー】に関する情報はインターネット上にたくさん寄せられていて、保育士の求人情報も満載です。

ネットを活用すれば保育士の求人情報を簡単に見ることができるので、【サラリー】の参考にしてみると良いと思います。

保育士の仕事は【サラリー】以外にも様々なメリットがあると思います。

保健師求人
准看護師求人
看護師求人募集転職

求人広告の待遇について

求人広告の内容が実際に就職してはじめて、給料や待遇が随分と違っていたというトラブルはよくある事です。

給料面でも求人広告の内容を大きく下回っているという人もいるようです。

会社によっては、試用期間の3カ月間の給料は、求人広告より安いということもあります。

社会保険や雇用保険に関しても、試用期間の間は特に入らないという会社もあるようです。

求人広告に表示されていた給料が手取り額だと勘違いしている人もいます。もろもろのお金を引かれて、手取り額を給料日に受け取って初めて自体に気づいた方もいます。

給料には額面と手取りがあるということは、あらかじ知識がなければ気づけません。

自分自身で最低限の知識は得るように努力しましょう。

よくある高額な給料の求人広告も注意しましょう。

誰もがお金をたくさん稼げるようにも見えますが、実際のところは売上げによって給料が決まる歩合制ということもあります。

新聞や雑誌などの限られた紙面に、求人広告は載っています。

必要な情報が全て掲載されているとは限らないので、不明点は面接の時点で確認しておくことが大事です。

求人広告と現実の給料があまりにも違うと言う事は、求人をする企業側からすると避けなくてはいけない事ですが、実際にはこういう企業もたくさんあります。

面接前に、待遇についてあれこれ聞くと採用されづらくなるのではないかと思う人もいるでしょう。

求人広告に書かれている内容を中途半端に理解していたために、働きはじめてから問題が表面化したということがないようにしたいものです。

第二新卒で転職する人

最近、転職に関するニュースやネットなどで、第二新卒という用語を目にすることがあります。

転職活動をしているけれど、つい2、3年前まで大学生で、実は就職したばかりという人のことを第二新卒と呼んでいます。

何故、一度就職したのにもかかわらず、第二新卒として転職をしようとするのでしょうか。

背景事情は人それぞれですが、理由には何種類かあるようです。

やりたい仕事をすることはできなかったけれど、新卒の時の就職活動では、そこにしか内定がもらえなかったということがあります。

また、希望を明確に定めずに、その時はどこでもいいから就職できればという気持ちで採用された人もいます。

社会人として何年か働いているうちに、今とは違う業種や職種で働きたいという人も出てきます。

新卒後に働いてみたらそこはブラック企業で、身が保たないとやめてしまったという人も少なくないようです。

実際に社会に出て働いてみたからこそ分かることというのもあります。

第二新卒者は、長く働くことができなかった意気地無しだと、転職が少なかった時代の人が言うこともあります。

転職先を探す第二新卒は、ごく普通のことになっています。

転職サイトにも、第二新卒というカテゴリが存在しています。よくある話になっていると考えられます。

ナースセンター転職
保健師求人
准看護師求人
看護師求人募集転職

第二新卒で転職するメリットについて

第二新卒者を採用することは、企業からすればどのような利点が考えられるでしょうか。

一般的な転職者は、第二新卒者よりも長期間を異なる会社で勤め、スキルを積んでいます。

即戦力としての見込みはないのにもかかわらず、それでも第二新卒の採用が行われるからには企業側にメリットがあるはずです。

新卒者に対して行わなければならない、社会人としてのマナーを教える段階は、第二新卒は済んでいます。

そのため、基本的な部分はすっ飛ばして、自社に必要な研修からスタートすることができるのです。

まっさらな新人にあれこれと教えこむよりも、ある程度の知識がある第二新卒に教育を施す方が安あがりと考える会社もあります。

一般的な中途採用者と違って、第二新卒は年齢層が若く、新卒と大差ありません。

前の会社の影響があまり大きくないため、今の会社の社風に染めやすいといいます。

転職を目指す第二新卒を取り巻く環境は難しいものがあります。

基本的には選考倍率が高い上に、忍耐力が欠如していると思われることがあります。

精神的に問題があるかもしれないという視点で、判断されることもあります。

最低でも、同年度に卒業した人と同じかそれ以上の能力が期待できる人材のみ採用する企業もあります。

メンタリティの強さが、第二新卒の転職では重要になるかもしれません。