求人広告で仕事探しをする

ネット環境の普及に伴って、最近は新聞や雑誌より、インターネットを使った求人募集が増加してきているようです。

多くの人が無料で閲覧できて、手軽に応募できることがネットの求人広告のメリットといえます。

日本経済が不況の待っただ中にある中、求人倍率は底ばいが続いています。

新しい仕事を探している人は、求人情報が多く載っている求人雑誌から、条件に合うものを探しています。

会社側からすれば、より多くの人が募集してくれるほど、条件に見合った人材を選抜することがしやすくなるわけです。

応募者が少ない時よりも選択肢が広がって、より良い人材を採用できるといった、大きなメリットがあります。

求人広告を出すのは、会社にとっても、応募する側にとってもメリットがあることですが、求人広告の見方を知っておくことが大事です。

求人広告には月給が掲載されていることが多いですが、1ヶ月あたりの給料の他に、賞与、昇給、交通費の有無なども重要です。

月々の報酬は高いけれど、賞与や昇給がほとんど見込めない職種もあるでしょう。

社会保険に入っているかも、確認しておく必要があるでしょう。

正式に雇用が決定してから見込み違いに気づいても手後れですので、求人広告をじっくり読み取ることが重要になります。

求人広告の見方

求人広告に掲載されている求人情報にはいろいろな項目があります。

全てについてしっかり理解している人は多く無いようです。

就職先探しが初体験だという人は、求人広告の正しい見方で迷ってしまうことがあるといいます。

月給や日給だけでなく、給料の支払い方には日給月給という形も存在します。

表示している金額は、手取りなのでしょうか、それとも額面なのでしょうか。

給料を額面で買いて、求人広告として出している会社はたくさんあります。

しっかり確認せずに入社してしまうと、働き始めてからそのことに気づく場合もあります。

面接の際にはきちんと手取りがいくらぐらいになるのかを聞いておくことも必要です。

厚生年金や健康保険に入っていない場合、求人広告の時点で社会保険等について全く書かれていなかったということもあります。

完全週休2日制と、週休2日制は、よく似た言葉に見えますが意味がかなり違いますので、求人広告に目を通す時にはそういう情報にも注意をするべきでしょう。

週休2日制というのは、基本的に1週間に2日休みがありますが、週によっては1日の場合もあります。

一方、1週間に必ず2日間の休みが保証されているのが、完全週休2日制です。

用語のイメージは近いですが、大きな差があります。面接の時点で休みや給料について聞くと相手の心証を悪くしてしまうのではないかという人もいますが、求人広告でわかりにくい部分は問い合わせた方がトラブル回避が可能です。

若者の就職支援

就職をしない若者のことをニートと呼ぶようになって久しいですが、国も若年層の就職支援に積極的に力を入れています。

現在、引きこもりになっている若者の中には、仕事をしたいけれども働けないというジレンマを抱えている人もいます。

今後の日本を支えるために働くべき若者達に職を提供し、就労への道が開けるようにと、色々な支援を政府は実施してきています。若年層の就職支援を積極的に行っているのが地域サポートステーションです。

通称サポステと呼ばれており、全国に設置されています。

15歳から39歳が対象年齢で、その地域に住んでいる若者に支援サービスを提供しています。

いずれも仕事の悩みを持っている人たちです。

若者の就職を支援していたNPC、株式会社、財団法人、学校法人などが厚生労働省から委託されてサポステを運営しています。

サポステではキャリアコンサルタントなど専門家が総合的な相談を受けます。

どのような支援内容で若者を支えるか、その人その人に合わせたものを用意したり、臨床心理士のカウンセリングで心理面のフォローも受けられます。

研修やグループワークによってコミュニケーションスキル向上を支援したり、採用面接の練習なども行っています。

実際に働いている人がいる場所へ行き、仕事を見て体験するという職場見学や職場体験もすることができます。

本人だけでなく、保護者との説明会やセミナーなどもあります。

費用をかけずに、必要なサービスは無料で利用できるといいます。

サポステの支援を受けながら就職先を探すことで、就職先が見つからなかった若者に突破口があるかもしれません。

転職活動における就職情報の探し方

転職活動をする場合には、就職情報をまずは集めなければなりません。

就職情報を集める方法はいろいろあります。

最も一般的な方法がハローワークです。

ハローワークは豊富な求人情報を持っています。

ハローワークの特徴は、求人情報を無料で出すことができるという点にあります。

ハローワークにはあるけれど、求人サイトには載っていない情報もあります。

まずは行ってみてください。とにかく多くの就職情報を得たいという人には、求人媒体から就職先を探すという方法です。

インターネットの就職あっせんサイトでは、ネット環境があるところならどこでも求人探しができます。

業種や職種を問わず、色々な求人情報を探してみたいという人には大手の就職サイトがおすすめです。

さまざまな業界や職種の求人を掲載しているもので、大手企業の情報も多いようです。

就職支援サイトの種類は様々で、医療系や外資系など特定業種に特化したサイトや、地域ごとのサイトもあります。

就職先は、公開されている求人情報だけではありません。コネやつてを伝って得る情報もれっきとした情報になります。

実はネット上に出回っていないような就職情報を持っているかも知れません。

同窓会の幹事などをかって出ることで、人との繋がりを保っておくと、思いがけないところから情報が飛びこんでくるものです。どんな方法が求人に役立つ情報を集めやすいかは、人によって異なります。

自分に合うスタイルで就職活動をしてみましょう。

新卒の就職情報の探し方

学生が就職活動をする場合には、新卒向けの就職情報の探し方を知る必要があります。

的確に新卒向けの情報を見つけるには、何をすればいいものでしょう。

基本的には、新卒者を対象にした就職サイトが情報源となりますが、他にも探し方はあります。

ひとつの業界に特化した求人サイトでは、中途、新卒を同時募集している会社の求人が掲載されていることがあります。

就職希望の業種が既に決まっているという人は、それらの専門サイトを利用するのもいい方法です。

キャリアセンターを開設している学校もありますので、就職活動時に利用することができます。

キャリアセンターにある就職情報というのは、その学校の出身の人材を探しているということです。

就職先として選ぶ際にも、卒業生を採用したことがある学校であれば心強いものです。

インターネットの求人検索や、ハローワークに出ている求人情報から、新卒者を対象とした求人を探すという方法も効率的だといいます。

ハローワークでは就職情報を得るだけではなく相談にものってもらえるのでおすすめです。

つきたい仕事はあるけれど、求人倍率が高くて就職活動に苦戦している人もいます。

医療事務、販売職、飲食サービスなどは狭き門となっているようです。

求人情報が書かれたフリーの情報誌が、駅中や商店街などに置かれていることもありますので、それらも確認してみましょう。

就職情報サイトの使い方

就職情報を得る方法はいろいろありますが、インターネットの就職情報サイトは欠かすことのできないツールとなっています。

就職情報を提供するサイトを活用して就職活動をする場合、知っておきたいことは何でしょう。

就職支援サイトを活用したいという場合、スカウト制度が効率的です。

就職サイト内にある求人情報を掲載している企業の人事担当者に自分の履歴書を閲覧してもらいます。

もしも会社が採用したいと思う経験やスキルのを持っていれば、オファーがかかります。

メンバー登録をする時に、履歴書や職歴などを入力できる仕組みになっています。

一度履歴書を入力してしまえば、情報がデータベース化されることで見てもらえます。

仕事をしつつ次の就職先を見つけたい場合は、スカウト制度を利用すれば時間の拘束が少なく、効率的にできます。

採用面接をする前にメールでのやり取りができ、この段階で待遇についてなどの確認も可能ですので、納得のいく職探しができます。

就職情報サイトからは就職情報だけではなく、転職や就職に役立つ情報をたくさん得ることができます。

正社員にこだわらずとも、派遣や、契約社員として働き口を探すなど、選択肢の多い時代になってきています。

どんな働き方をしたいかを考えながら求人サイトで情報を探すことによって、自分の生き方が見えてくるかもしれません。

女性向け求人の選び方

どんなことを基準の女性が就職する場合の求人選びをしたら良いのでしょうか。

たくさんの女性が仕事と家庭の両立に苦労しています。

選択肢のひとつとして、仕事だけをやり続けるというのもありますが、結婚と子育てをしつつ仕事もしたいという女性は多いようです。

求人の就業時間や休日などの採用条件が厳しい場合は、時間の自由な独身の時は働けるが、結婚後も同じように仕事を続けられるかどうか不安になるでしょう。

仕事を結婚や出産のあとも続けていきたいと思ったら、いろいろと考えてしまうことも多いかもしれません。

人それぞれの求人探しでの考え方はありますが、結婚する前の段階から育休や産休の実績がある会社への就職を見据えている人も多いといいます。

とりあえず今は厳しい職場でも、後で転職することを検討している人もいるのではないでしょうか。

一度最低これだけはという条件を整理してから自分に合う求人を探すのが女性にはおすすめです。

中でも子育てまっただ中で少しでも家計を助けたいと仕事を見つけようとしている人は、いろいろと仕事に条件をつけなければ、仕事と家庭の両立をすることは不可能です。

勤務可能な時間帯や残業時間、年末年始の休みなどで、制限される条件がある女性は多いようです。

仕事を続けることができなければ意味がないので、自分の希望条件と合わない求人に応募するのはおすすめできません。

これから仕事を続けていくうえで、やはりやりたいことを仕事にすることも重要なので、仕事の条件だけに注目するわけにはいきません。

考えなければならない条件が女性の求人にはあるので、なかなか仕事を選ぶのは大変だといえるのではないでしょうか。

女性の求人の探し方

どんな方法で女性は求人を探すことができるのでしょうか。

なかなか景気が良くならない今の世の中では、難しくなってきているのが女性の求人探しです。

探すことをやめてしまったら、そもそも良い求人を見つけることはできません。

近ごろよく行われているのが、インターネットを利用した求人探しです。

数多くの求人情報を、家にいながらネットを活用すれば閲覧することができるようになっています。

自分の条件に合う求人を探すためにも、最近増えてきた女性のための求人サイトにいくつか登録をしておくと良いかもしれません。

ハローワークを活用するという方法も女性の求人探しにはおすすめです。

公共職業安定所の愛称がハローワークで、仕事探しについての相談を無料ですることができます。

どんなふうに履歴書を書いたら良いかアドバイスをもらったり、雇用保険などの手続きをすることが可能です。

地域によっては女性向けのハローワークもあります。

マサーズハローワークと呼ばれるものです。求人探しが育児中の女性でもしやすいようになっており、授乳室やキッズコーナーがセッティングされているところもあるといいます。

就職の相談を女性がする場合、ジョブカフェや、男女共同参画センターなどを利用することも可能です。

地元企業との合同企業セミナーや女性の就職や転職講座を開催しているところもありますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

女性の就職活動のコツ

採用されなければ、せっかく女性向けで自分にぴったりの求人を見つけても意味がないといえるでしょう。

よい求人を女性が探して実際に就職活動を実らせるためにはどんなことが大切なのでしょう。

履歴書は誰でも書きそうなことを淡々と書いても、自己PRには決してなりません。

まずは今まで自分がどんな仕事をしてきたか思いだし、求人の内容と一致した部分を、自分のスキルや実績から見つけていきましょう。

自己PRや志望動機を書く場合には、こうして振り返ったことを中心に考えてみましょう。

どんな人材を求人を出している会社が欲しがっているのかをつきとめ、それに自分が合っていることを主張すると良いでしょう。

前の会社を退職した理由を、転職先を探している場合は、だいたい必ず質問されます。

不採用になってしまうこともあるのが、伝え方を間違ってしまった場合です。

重要なのは、プラスの考え方の自分の言葉で退職理由を伝えることではないでしょうか。

マイナスの評価になりがちなのは、退職の理由を人のせいにしたり、環境のせいにしたり、女性が夫や家族の反対などのせいにすることです。

志望動機との一貫性を保ちながら、状況はどうあれ最終的には自分の判断で退職したのだということをきちんと伝えましょう。

さまざまな角度から質問されるのが面接というものです。

とくに女性によく聞かれるのは、長い期間仕事を続けられるか、休日出勤や残業ができるかどうかということだそうです。

けっして無理に相手側の条件を飲まなくても良いのですが、把握しておきたいのは自分がどこまで譲歩できるかということです。

女性の就職活動で重要なのは、しっかりと準備をしてから面接を受け、希望の求人への採用までこぎつけることなのです。

企業側の就職サイトの選び方

今や、就職活動をする上でサイトの利用は必須のものとなっているようです。

会社にとって使いやすい就職サイトを探すには、どういった基準で選ぶようにするべきなのでしょうか。

代表的な就職サイトを比較してみると基本的な機能はそれほど変わりません。

学生サイドも、有名どころの就職サイトはほぼ登録しますから、学生の層もサイトによっての差は少ないでしょう。

これまでは、会社側も就職サイトにどんどん登録していました。

ですが、近年では1つのサイトだけに登録しているという企業も増えています。

どんな就職サイトを選ぶかは、運用サポートや、適切な助言をしてくれるような営業担当者がいるかどうかが大きな差になります。

どんな特色のある企業であり、必要な人材はどんな人物像なのかをはっきりとアピールできないと、せっかく就職サイトに登録をしても投資ぶんの見返りが得られないこともあります。

もし予定どおり採用が進まなかったらどうするかなど、実用的なサポートを的確にしてくれる担当者のいる就職サイトを選びたいものです。

単に登録すればいいというわけではなく、就職サイトはどのように運用していくかが重要になります。

採用に関しては、就職サイトの担当者の話を聞き、かつ社内での考え方についてもまとめて効率的な採用計画を立てることが、企業の種や大きさに関係なく大事です。

役立つ人材を採用するためにも、就職サイトをしっかり使っていきましょう。