転職サイトとハローワークの活用

いざ転職活動に取り組もうという時に、使うべきはハローワークと転職サイトのどちらでしょう。

ハローワークも転職サイトも、どちらも一長一短な部分があります。両方登録して、両方使ってみてからどちらがいいかを決めるといいでしょう。

ネット上の転職サイトは幾つもあります。

サイト毎に得意な地域や業種があるため、使いやすそうなサイトを複数登録してみてください。

業種を限定して求職情報を掲載しているサイトや、ある地域の求人情報を掲載しているサイトなど、特性はサイトによって色々です。

探したい求人情報が載っていそうなところを見つくろって登録してみましょう。

ほとんどの転職サイトでは、自分の履歴書やプロフィールを登録して、会社からのスカウトを待つシステムも多いようです。

職務経歴や資格が充実している人にとっては転職の可能性が広がります。

ハローワークは地方都市の地元企業が求人の掲載に使うことが多いため、転職サイトに掲載されていない情報も載っています。

地方での就職を検討している場合は、ハローワークを利用してみるといいでしょう。

ハローワークから紹介された人を優先的に雇用しているという企業もあるようです。

これは、ハローワークから紹介された人を雇い入れた会社には、補助金が出るというシステムがあるからです。

職業訓練についての案内や、転職活動のためのセミナーなども、ハローワークの主催で定期的に開かれている場合があります。

就職が難しい不景気の昨今では、就職支援が充実してきています。

しっかり情報収集をして、ハローワークなどの中から自分の利用しやすいものを見つける事が転職活動の第1歩になります。