大学の就職偏差値

最近大学の就職偏差値というものが話題になっています。

学生の就職内定率が、近ごろ低くなっています。

大学を選ぶときに、偏差値の数値だけではなく、大学を選択するときに就職率が高いところにする人も増加しているといいます。

どんな企業が大学生に人気なのかを表したランキングや、有力企業を日経平均株価指数の採用銘柄から400社選びその企業への就職率を順位で示している資料もあるようです。

高い就職率を誇る大学というのは、大切な大学選択の要素だといえるのではないでしょうか。

偏差値が低い大学でも、高い就職内定率を誇る大学や、年収の高い企業への就職率が高い大学があります。

偏差値や大学の環境、どんな勉強ができるかということだけではなく、大学選択において必要なのは卒業後にどんな仕事をしたいのかということもしっかり見据えることではないでしょうか。

有名大学ほど偏差値そのものは高くないけれど、2012年度に小樽商科大学が就職実績優れている大学として注目されたといいます。

即戦力となるキャリア教育に注力している小樽商科大学は、就職実績においてはかなりの名門だといえるでしょう。

大企業からも評判がよく、活躍をしている卒業生もたくさんいるといいます。

就職活動には、受験するときに偏差値の低い大学に入ったことはハンデにならないこともあるのです。

大学の就職支援内容や就職を視野に入れた教育カリキュラムによっては、偏差値は関係なく有名企業への入社も可能になるといえるでしょう。

高卒で仕事に就く

高卒での就職を希望する場合、どういった仕事があるものなのでしょう。

近年は就職氷河期と言われており、大卒でも就職活動に苦戦しているといいます。

高卒で就職先を探そうとしても、面接の段階で不採用になってしまう人も少なくありません。

現在でもなお就職活動では学歴が重要ですが、学歴よりその人の人物像を重視する会社もあります。

大学生の就職活動のニュースを報道し、就職難を伝えているようなテレビは数多く存在しています。

高卒の就職状況はあまり取り上げられていないという一面も、少なからずあります。

大学生が民間の就職支援会社から得られるセミナー情報などで就職活動を行うのに対し、高校生は高校側からの推薦をもらう形で企業との面接を行います。高校生の就職活動では、大学のような合同企業セミナーなどに行くこともありません。

高校を起点した就職活動で働き口を決めることになります。

とはいえ、高卒での就職活動でも、面接や筆記試験を通らなければいけません。

知り合いの紹介や、コネでの紹介でも、採用試験は行われるのが普通です。

面接対策や試験対策をして、ある程度の下準備をしておくようにしましょう。

高校には就職担当の教師がいて、学生の就職先の世話をするなどのサポートをします。

高卒の場合には自分の個性や得意分野を理解してもらって、学校の先生にサポートしてもらいながら就職活動を進めることになります。

高卒の仕事の特徴

高卒でつく仕事の共通点とは、どんなものがあるでしょう。

大卒の人と、高卒の人が同じ職場で働く場合、仕事の内容や待遇に差はあるでしょうか。

最近は、職種による人事評価や、職種による賃金制度を行う企業が増えています。

大手企業だけでなく、中小企業でも、社員の人事評価を様々な角度から行っているようです。

人事やマネジメントなど、広い範囲の知識と判断を必要とするジャンルには、大卒や実績を積んだ人をつけます。

高卒には定型業務をスペシャリストのようにこなすといったタイプの業務を任せるという場合が多いようです。

給与は高卒と大卒とで違うのは、会社の中でもポジションと、任せる仕事の内容が違っているためという形になります。

専門知識の内容やスキルレベルに応じて、高卒者でも給料アップがはかれたり、転職に有利な資格を得ることができるようになります。

高卒者で、転職活動をする時は、どうすれば待遇の向上をはかることができるでしょうか。

転職を成功させるためには、自分の持つ資格をわかりやすく説明し、得意分野を伝えることが大事です。

転職を成功させるためには、役立つ資格と仕事の実績、そして即戦力となりえるすきるを持っていることです。

高卒で仕事を探すのは困難な面もありますが、経験や能力、資格があれば、可能性が広がることは間違いありません。

高卒で仕事をはじめる人の場合

どういった仕事が、高卒の求人には多いでしょうか。

仕事の内容としては、事務の仕事を募集する会社をよく見ます。

一口に事務といっても内容は様々ですが、高卒でも可となっている事務は、一般事務や会計事務などが含まれています。

計算スキルや、文書作成能力が問われます。

近年では、事務の仕事に限らずパソコンを使えることが大前提になっている企業が多いようです。

営業事務という、販売会社の営業の仕事をやりやすくするための事務仕事を担当する人もいます。

品物を販売する、販売員としての採用は、高卒でも条件をクリアしていることが多いようです。

店員といっても、取り扱う商品によって、仕事内容は大きく異なります。

就職先を探すときは、その会社が今後どういった成長戦略を描いているかや、業種全体の雲行きについても把握しておきましょう。

ものづくりの仕事にも、高卒で就職する人は多いようです。

工業系の高校から就職する人が大多数を占めます。

製造業の求人では工場で働く形となり、製品管理や製造に関する仕事に従事するという形になるようです。

製造業の仕事では、専門的な技術や知識に触れることも多く、様々な資格を取れる場合もあります。

学歴を重んじる風潮は未だにあり、大卒か、高卒かなどで就職してからの待遇が違うところは多いようです。

けれども、今では学歴だけが全てを決めるわけではありません。

高卒や大卒といった学歴では無く、自分自身の仕事の経験やスキル、資格が将来役に立つことは言うまでもありません。

転職活動で必要になる履歴書

履歴書をしっかり書き上げることは、就職活動の大事な関門です。どういった点を会社側は確認しながら、履歴書に目を通しているものなのでしょう。

履歴書の写真は、以外とないがしろにしやすいところです。

慌ただしく写真を用意した人などは、簡単に撮った写真で使いやすいようです。

できれば、インスタント写真ではなく、写真屋でカラー写真を用意しましょう。スーツ着用で写真を撮るので一般的です。

意外かもしれませんが、笑顔はよいイメージを与えます。

人事担当者が関心を持っている履歴書の項目として、趣味や特技の欄があります。

映画鑑賞や読書を趣味欄に書くのは、没個性に写ることもあります。

少し変わった趣味が関心を呼びます。

人事担当者が会って話してみたいと思われるようなものがベストです。

資格の部分は、転職後の仕事内容にある程度関連するものが良いでしょう。

どんなに資格をたくさん持っていても、その資格が業務と無関係であれば、履歴書に書いても意味がありません。

また、英検3級程度の難易度の低すぎる資格は、これみよがしに書くと逆に悪印象になってしまうこともあります。

今はまだ持っていない資格でも、希望の会社と関わりがあるものならば書いておくのもいいでしょう。

やる気があり、勉強中であることを相手にアピールすることができるでしょう。

履歴書は、応募する企業の数と同じくらい必要になりますが、手書きで作成するのが大変だからとコピーをしてはいけません。

一社一社にあった内容で、履歴書を書くようにすることが転職活動のポイントです。

人事担当者が履歴書のどこに注目するのか考えながら作成すれば、転職を有利に進めることが出来るようになります。

転職とハローワーク

ハローワークでよい求人を探しているけれど、景気が悪いためか自分に合う求人がなく、転職活動が停滞している方がいます。

転職したいと思うからには、給与や人間関係、仕事内容、立地条件など、何らかの要因でこれ以上ここで働けないと思うようになっているのでしょう。

転職したいという気持ちは本物なのかをじっくり考えることが大事です。

人間関係も、社内環境も、業務内容も全てがパーフェクトに満足という仕事は非常に珍しいものです。

もしもハローワークでいい転職先を紹介してもらったとしても、そこで満足できるという保証は全くありません。

やはり転職は慎重に考えたいものです。

転職をするという決意が固まったなら、行動に移ります。

ハローワークを利用したり、転職情報サイトに登録することで、色々な求人情報が得られます。

景気の低迷を受けて、求人数は一時期よりずっと少なくなりました。

好条件の求人があっても応募が殺到して、採用枠に入るのは難しいものです。

新卒者の求人を減らしたり、人員整理で解雇者を増やしている大企業も少なくないといいます。

実際問題として、転職サイトやハローワークなどに登録していても、自分の望む条件に見合った求人は少ないものです。

今現在働いているのであれば、転職活動は仕事をしながらできる範囲で行い、できるだけ退職はしないようにします。

ハローワークなどを活用して転職の採用が決まってから退職することが理想的です。