転職活動で必要になる履歴書

履歴書をしっかり書き上げることは、就職活動の大事な関門です。どういった点を会社側は確認しながら、履歴書に目を通しているものなのでしょう。

履歴書の写真は、以外とないがしろにしやすいところです。

慌ただしく写真を用意した人などは、簡単に撮った写真で使いやすいようです。

できれば、インスタント写真ではなく、写真屋でカラー写真を用意しましょう。スーツ着用で写真を撮るので一般的です。

意外かもしれませんが、笑顔はよいイメージを与えます。

人事担当者が関心を持っている履歴書の項目として、趣味や特技の欄があります。

映画鑑賞や読書を趣味欄に書くのは、没個性に写ることもあります。

少し変わった趣味が関心を呼びます。

人事担当者が会って話してみたいと思われるようなものがベストです。

資格の部分は、転職後の仕事内容にある程度関連するものが良いでしょう。

どんなに資格をたくさん持っていても、その資格が業務と無関係であれば、履歴書に書いても意味がありません。

また、英検3級程度の難易度の低すぎる資格は、これみよがしに書くと逆に悪印象になってしまうこともあります。

今はまだ持っていない資格でも、希望の会社と関わりがあるものならば書いておくのもいいでしょう。

やる気があり、勉強中であることを相手にアピールすることができるでしょう。

履歴書は、応募する企業の数と同じくらい必要になりますが、手書きで作成するのが大変だからとコピーをしてはいけません。

一社一社にあった内容で、履歴書を書くようにすることが転職活動のポイントです。

人事担当者が履歴書のどこに注目するのか考えながら作成すれば、転職を有利に進めることが出来るようになります。