月別アーカイブ: 2011年9月

ハローワークで雇用保険加入と失業給付金申請

失業したら直ぐにハローワークへ行ってみましょう。
しかし、雇用保険加入による失業給付金をもらうのは任意、あなたの自由という考え方。
もっとも、自分がハローワークに行って雇用保険加入の手続きをするなんてまず無いかもしれません。

ハローワークに行くもう一つの理由、雇用保険加入していた人が失業したので失業給付金を貰うための手続きをするためです。
ハローワークで仕事を探すのに特別な制限はないようで、勤めているかどうか、雇用保険加入での失業給付金を貰っているかどうかは関係ありません。
では、ハローワークに何しに行くのか、雇用保険加入でないとしたら、そう就職先や勤め口と言った仕事を探しが出来る所で、職業紹介もしていただけます。
ところで、ハローワークに行って雇用保険加入で払った分を取り戻す、では無く失業給付金を貰うための手続きをするのですが、どこででもいいわけではありません。
いや、むしろ雇用保険加入していて失業給付金を貰うためには、積極的にハローワークで仕事探しをしないといけません。
雇用保険加入して保険金を払っていたのだからといって、失業したら自動的に失業給付金が貰えるわけではありません。
実に面倒で、自分が雇用保険加入で払ったお金を貰うのに何でわざわざ申請をなんてお思いになるでしょう。
ハローワークはそこまで親切ではありません「あなたは雇用保険加入をしていたから失業給付金が貰えますよ」なんて一々教えてくれません。
自分が住んでいる場所を管轄しているハローワークがわからないないなら、インターネットで調べるのが手っ取り早いです。
でも、雇用保険加入していたからといって失業給付金を貰う手続きをしなかったら、放置されるだけです。
ハローワーク側の考え方は雇用保険加入は義務、強制加入との位置づけです。
雇用保険加入をさせ保険金を納めてもらわないことには制度が成り立たなくなってしまいます。
その上で、雇用保険加入していたことによる失業給付金を貰う申請をしないとならないのです。
職業安定所であるハローワークで雇用保険加入手続きもやっています。

雇用保険加入は義務とはいえ、ハローワークは国の機関ですからまあしかたのないことかもしれません。
それが、雇用保険加入していて失業給付金を貰うための条件になっています。
あなたが住んでいる場所を管轄しているハローワークに行かないといけません。
雇用保険加入は会社がするので会社の所在地でということになります。
ハローワークまでわざわざ出向いて雇用保険加入をしていた自分が失業したことを証明します。
雇用保険加入をした場所ではありませんよ。雇用保険加入の相談にハローワークへ行ったことはありますか。
そして雇用保険加入での失業給付金受給の申請をしましょう。