月別アーカイブ: 2012年6月

高校生アルバイトの禁止理由

また高校生アルバイトの場合、保護者の承諾が必要になってきますから、両親に確認の電話がいくかもしれません。
また学校の校則で高校生アルバイトが禁止とされている場合も、働くことはできません。
ですからどうしても高校生アルバイトをやりたくて、また両親も承諾している場合、学校に許可を求めてから行ったほうがいいでしょう。
つまり高校生アルバイトが禁止されるのは、学校からと両親からになり、自由に働きたかったら、学校をやめてください、という厳しい学校もあるそうです。
ですからこっそりと隠れて高校生アルバイトとして働くのは、罰則が自分に来るだけでなく、雇用主にもかかりますから、やめましょう。
高校生アルバイトは両親と学校の許可がなければ禁止されているので、隠れて働いたりすると、自分が罰則を受けるだけでなく、雇用主にも迷惑がかかります。

高校生アルバイトが許可されている学校であっても、禁止されている仕事もありますが、そういう仕事は高校生の場合は採用しません。
なお高校生アルバイトができる仕事もきちんとありますから、その中から選ぶといいことでしょう。

高校生アルバイトが禁止されている場合には、基本的に雇用主がこっそり採用し、働かせてくれたとしても、いろいろと大変なようです。
まず高校生アルバイトを自分がしたくても、両親が承諾しなかったり、通っている学校が禁止している場合は無理と考えましょう。
まだ社会に出ていくのは早いし、学業優先というように両親と学校が考えているならば、禁止されるのが高校生アルバイトです。
ですから隠れてこっそりと高校生アルバイトを始めるというのは、実は禁止されている場合難しいのです。
高校生アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、逆に許可されているバイトにはどんなものがあるか調べてみましょう。
高校生アルバイトを始めるには所属する学校を提出する履歴書にきちんと書かなければなりませんから、雇用主のほうで採用の前に学校に確認を取るかもしれません。高校生アルバイトをしたくても、両親が「学業を優先させなさい」という方針である場合は、やはり禁止ということになります。
とはいえ高校生アルバイトを禁止している学校もかなり多いですから、まずは校則をきちんと確認してから探すほうがいいでしょう。
しかし家庭の事情などでどうしても、という場合は学校では禁止されていても、学校が許可を出す例もあるのが、高校生アルバイトです。
しかしながらどこにでも目があるように、簡単なことで高校生アルバイトをしていることが学校にばれてしまう場合も少なくありません。
学校で禁止されているけれども、ご両親が折れて承諾した場合はなんとか高校生アルバイトができることでしょう。
禁止されているからやりたいといっても、そのうち嫌でも働かなければならなくなるのですから、慌てる必要もないのが高校生アルバイトです。