月別アーカイブ: 2012年12月

短期の仕事の特徴

短期の求人は、正社員の仕事や長期で働くパートやアルバイトの仕事と違います。契約が終了する時期が既に決まっており、合わせて仕事の内容や時給もあらかじめ決められています。賃金は日払いや週払いなど仕事によって様々で、一日限りの仕事を行い、その日のうちに賃金を受け取ることもあります。短期の仕事はスキルが求められるようなものは少なく、人手がたくさんあればいいという類の仕事が多いようです。例として、建設現場の作業や、野球場での販売などがあります。特定のイベントが開催されている時だけ設営要員が募集されることがあり、その時だけの仕事をしたい人向けです。主に体を使うような仕事以外にも、単純作業や軽作業は、繁忙期に限って短期の求人が出るケースがあります。短期の仕事は働ける時期が限られている人にとってはとても都合が良い職場でもあります。いくらかのお金を稼ぐため、大学生や専業主婦が仕事をすることもあります。仕事の期間が最初から決まっていれば、ある程度厳しいものでも、どうにか仕事をしていけるものです。日払い形式であれば、その日の労働の対価をその日じゅうに受けとれます。短期の仕事ならば、どうしても無理という場合は思い切ってその場でやめてしまっても後に響かないという利点があります。