月別アーカイブ: 2013年6月

【サラリー】と保険料

【サラリー】は保険料などが天引きされて、手取りの金額になります。
ですから【サラリー】は手取りの金額で他人と比べるよりも、保険料などを含めた総額で比べると良いと思います
手取りの【サラリー】が他人よりも少ないと嘆いている方も多いと思いますが、保険料などを含めた総額が他人よりも多ければ、恵まれているといえるのではないでしょうか。
手取りの【サラリー】を比較して少ないことを理由に転職を考える人もいるようですが、保険料などを含めた総額が多ければ、転職するのはもったいないと思います。
【サラリー】から天引きされるのは、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などです。
更に保険に加えて所得税や住民税も【サラリー】から天引きされます。
そして、自分が個人で加入している民間の保険会社の保険料も【サラリー】から天引きされることがあります。

【サラリー】から引かれる様々な保険料は、収入によって異なってくるようです。
会社独自が設けている親睦会のような会の会費も【サラリー】から引かれる場合があるでしょう。
ちなみに総額で年収500万円強の我が家の主人の場合、【サラリー】から引かれる健康保険料は13000円程度です。
私と子供が2人扶養家族になっていますから、独身の方とは多少【サラリー】から引かれる保険料は異なっているかもしれません。
そして、我が家の主人は40代なので、【サラリー】から介護保険料も天引きされます。
正直、手取りの【サラリー】だけで生活するのはきついですが、様々な保険料が天引きされることは決まっていることなので、しょうがないと思っています。
主人の【サラリー】明細を見てみると、主人の月給は総額が35万円強、保険料などの控除額が10万円弱、よって手取りは25万円といったところです。
この手取りの【サラリー】は主人と同年代の方よりも、おそらく低いでしょう。
ただ、あまり景気に左右されない職種なので、保険料などが引かれた手取りの【サラリー】が低くてもリスクを背負ってまで転職しようとは、主人は考えていないようです。

【サラリー】に関する情報は、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、【サラリー】から天引きされる様々な保険料に関する情報も、ネット上には満載です。
アルバイトでも社員でも【サラリー】から天引きされるものはありますから、ネットで調べてきちんと把握しておくと良いと思います。
また、【サラリー】から保険などが天引きされる前の総額金額も、きちんと把握しておきましょう。
一般的には手取りの【サラリー】よりも、保険料などを含めた総額の方を重視します。
様々な役所手続きなども手取りではなく保険料を含めた総額の【サラリー】を聞かれることが多いと思いますから、きちんと自分の年収総額を知っておきましょう。