月別アーカイブ: 2013年7月

新卒者の就職偏差値

最近就職偏差値という数値で、就職活動をする学生が就活時に持っていたい能力として表されることがあるそうです。

大学受験の際に自分の学力偏差値を参考に入学できそうな大学を判断したときと、就職偏差値の理論は同じだといいます。

どの企業に入社できるか、自分の就職偏差値で判断するというのです。

内定を就職活動で得るために不可欠なのは、出身大学だけではなく、コミュニケーション能力、一般教養、能力特性などいろいろな能力だといいます。

就職偏差値で数値化されているのは、平均より優れているか、劣っているかを平均を50としたうえで表したものです。

60以上であればかなり優秀な位置にいることになります。

企業の中には就職偏差値を測ってくれるところもあり、無料でテストを受けることも不可能ではありません。

どんな業界に向いているか、分野ごとの点数がどのくらいなのかを就職偏差値テストで知ることが可能です。

就職偏差値テストをまずは受けることで、自分自身を冷静に見つめながら就職活動することができます。

就職活動をするときに、どのような企業をターゲットにするかを決めるのに参考になります。

就職偏差値がとくに参考になるといわれれいるのがIT企業で、他の職種よりも経験や資格があるかどうかを見られるからだそうです。

一概に就職偏差値が高ければ内定をもらいやすいと言えないのは、企業が欲しいと思う学生は会社によって違うものだからです。

とはいえ就職偏差値が就職活動の参考になるデータであることは間違いないでしょう。