月別アーカイブ: 2015年8月

法律事務所事務員に転職を考える

【法律事務所事務員】とは、法律事務所で働く弁護士以外の人のことを指し、法律に携わる仕事になります。
行政書士、司法書士、税理士、公認会計士、弁理士、社会保険労務士などの有資格者などの補助を【法律事務所事務員】が行います。
そういう意味では、【法律事務所事務員】は、弁護士などの業務の補助を行う人と言ってもいいかもしれません。
単に【法律事務所事務員】といっても,事務所によって、仕事内容や仕事の態様、制度は大きく違ってきます。
弁護士秘書や事務局員、パラリーガルなど、【法律事務所事務員】には色々な呼び方があり、多様な広がりを見せています。
また、【法律事務所事務員】の職務内容についても色々出、接客やお茶だし、電話番、お使いなど色んな仕事をこなさなければなりません。
他にも、郵便管理やコピー、FAX送信、備品管理、掃除などの業務も【法律事務所事務員】の仕事に含まれます。

【法律事務所事務員】は、庶務から事件記録のファイリング、弁護士のスケジュール管理などの秘書業務も務めます。
また、依頼者からの事情聴取や書面作成、法情報検索などの専門的な仕事も【法律事務所事務員】がこなす場合があります。
様々な仕事が【法律事務所事務員】にはありますが、主な仕事としては、接客、電話番、ファイリング、郵便管理になります。
郵便の発送や郵便の授受記録をつけることが、【法律事務所事務員】の主な仕事になるでしょう。
こうした仕事が得意な人は、【法律事務所事務員】に向いていると言ってもよく、1つの適性として捉えることができます。
但し、どこまでを【法律事務所事務員】とするかは、事務所によってまちまちで、特別な決まりはありません。
今では、【法律事務所事務員】に対して、少しずつ専門的な仕事をさせる傾向があり、そうした事務所が増えてきています。

【法律事務所事務員】の事務員制度は、弁護士一人につく秘書制や、事務局というものを置く事務局制もあります。
もちろん、事務局制といっても、【法律事務所事務員】に特定の事件の担当を決める場合、事務局全体に補助をさせる場合など色々です。
秘書制の場合、【法律事務所事務員】は、弁護士のスケジュール管理、事件内容の把握などが重要な仕事になります。
但し、【法律事務所事務員】として働く場合、弁護士と性格が合わないような場合は、かなりきつくなります。
その点、事務局制の場合、【法律事務所事務員】は、多少、弁護士と性格が合わなくてもなんとかなるでしょう。
事務局制の中で、担当者制として【法律事務所事務員】が働く場合は、特定の事件について詳しい内容まで把握することができます。